1. home
  2. >
  3. memo
  4. >
  5. 2014年
  6. >
  7. 11月

2014年 11月

ハッピーリレープロジェクト始動!

November 19,2014

…というわけで。

そんな『ハッピーリレー』プロジェクトが
 「今 またやろう!」ということになり 始動しました。
伝えるということ、伝わるということ、
常に、人は エネルギー交換を しているんだなと思う。
さあ。あなたも。ハッピーををつなごう!


■ハッピーリレープロジェクト始動!

・Facebook公式アカウント
https://www.facebook.com/happy.relay.project

・twitter公式アカウント
https://twitter.com/Happy_Relay

 

 

ソニー・デジタル エンタテインメント・サービス
@Sony Digital Entertainment Services

ハッピーをつなごう

November 19,2014

(前のページのつづき)

 

そのきっかけは、
『ハッピーリレー』という
プロジェクトのお仕事でした。
(本にもなりました。booksからみれます)

毎日ひとつ、私がハッピーをみつけて
イラストと言葉にしてネット上に投稿。

それをみた読者が
こんどは自分のハッピーを文章で投稿する。
それをみて、さらに他の読者が…。

と、リレー形式で、ハッピーを繋げていくわけです。

ハッピーをつなごう!ハッピーを広げよう!
というのがこのプロジェクトの目的。


当時は2008年から2009年。
365日毎日繰り広げられた、1年間の連載。
今よりもまだそんなにネットで繋がることにみんなが
積極的ではなかったけれど、繋がる環境はすでに十分。
その特有のエネルギーの繋がり方、広がりは、この時代だからこそ
生まれたムーブメントであり、賜物だったと今も思うのです。


というわけで…。(つづく)

 

新しいコミュニケーション

November 19,2014

LINEって、おもしろい。
(↑最近やりはじめました)

Twitterや Facebookも しかり。

今や世の中は、
「繋がる」ことに 夢中です。

デジタルで 繋がる世界、交わす言葉に、
心が こもらないなんて、もはや 思わない。

遠くはなれた人々の、いくつもの 心が
一斉に繋がれる「その瞬間」のエネルギーを
知ったからかもしれないな…。

(次につづく)

 

 

 

 

November 17,2014

今日は、寒いですね。

家の中にいても、
なんだか肌寒い…。

というわけで、家の中でも
マフラーを巻いておる私です。

首を暖めるといいですよ。そのうち
全身ふんわりと 暖かくなってきますから。

さっき、宅急便のお兄さんが 来て 玄関に出たら、
「あ、すいません!おでかけでしたか!」
と、言われましたけどもね。

…ま、いいか。
今日は 暖かさ 優先でいくのだ。

 

 

 

パッション

November 12,2014

熱い人、いいですよね。

…え。…寒い季節だから…?

よけいに、パッション大事じゃないですか。
内側から 燃やしていこう!

ゴォォォ…(燃

周りに 暖をとらせるくらいの
熱い人が 私のあこがれ。

温度

November 12,2014

本屋さんへ いくと、
様々な本に 出会えます。

帯のコメントやポップを
みているだけでも、楽しいです。

私の読書は、
とくに 読む傾向に 統一性はなく、
その時々の 状況や心情に あった本に
出会っていく、という感じでしょうか。

ふらっと 本屋さんにはいって、
じーっと、本を眺めて 歩いているいるうちに、
気がつけば 何冊か抱いているという…。
(漫画もはいってます)

だから、本の帯の コメントやポップは 大事な情報源。

本屋さんの店員さんが 書いてくれる
手描きポップは、とっても好きです。

…そーですね…。手書きって、温度があるというか。
筆圧とか、添えられたイラストとか、色ペンの使い方とか、
言葉の走り具合とか、人となりも でますしね。

「この人は、この本が すごく好きなんだなー」
と、ほのぼのしたり。
「…こんな 几帳面な字をかく人が…この本を おすすめとは!?」
と、興味をわいたり。
「もう、ゴリ押しじゃないですか。そんなに おすすめなら…」
と、手にとったり。

伝えたい想いや 背景が、ぐっと身近に 感じるからでしょうか。

伝える側の温度って、
伝わる浸透度にも
関係してくるんだろうな、と改めて 思うので候。

………よし!(拳にぎる)