1. home
  2. >
  3. カテゴリー 出版

出版

学研プラス

ひとつぼし

子どもにとって得意なものや、好きなもの、性格など個性はさまざま。どの子もキラリと光るひとつ星を誰でも持っています。まだ自分が持っているひとつ星に気が付いていない子もいるかもしれないけど、いつかきっとその星が光る時がくるはず

キノブックス

ありがとうがしりたくて

〝 ありがとうって、なあに? 〟
「ありがとう」を、しりたい天使が、地上に降り立ちました。

角川文庫

君へのてがみ(文庫本)

〝 「だっこして おんぶして」その後の君とママの日々。
成長してゆく君へ、伝えておきたいことがあるのです 〟

☆巻末には「だっこして  おんぶして ポストカード集」の
カードが全収録されています(仕様は異なります)。

角川文庫

だっこして おんぶして(文庫本)

〝 君は 甘く せつない 香りの 生き物でした 〟

文庫本がでました。内容は同じですが、文庫用だけの、
らくがきが 追加されてます。表紙は文庫用に新しくなりました。

白泉社

ゆきの日 —on Christmas day—

〝 さいごに ふる ゆきを みあげた日を おぼえていますか? 〟
大人になるって 悲しいこと?さみしいこと?すべての子どもたちと
大人になった子どもたちに贈る、クリスマス・メッセージ。

河出書房新社

ハッピーリレー

〝 毎日はハッピーで満ちている。365日どんなときも! 〟
Webのコンテンツで、毎日1つハッピーを配信し連載していました。
365日ぶんのハッピーが、ぎゅっと、まとめて入っています。
マイハッピーも書き込めます。たくさんのハッピーに出会えますように。
Amazon.co.jpで本の内容がビデオで見れます。

青春出版社

だっこして おんぶして ポストカード集

育児エッセイ「だっこしておんぶして」を連載していた時、
ポストカードがほしい!との声が届き、実現した作品。
装丁は祖父江慎さん。素敵に仕上げていただきました。

青春出版社

だっこして おんぶして

〝  育児という、どうってことない、けれど特別の時間の中での
できごと。感じること、想うことは、誰に届けたらいいのでしょう。
誰に伝えればわかってもらえるのでしょう  〟
「ひよこクラブ」で連載していた、初めての育児エッセイです。

学研教育出版

ハピハピバースディ

岡本真夜さんとのコラボ作品です。NHK「みんなのうた」で
真夜さんの「ハピハピバースディ」の楽曲にイラストを描かせて
いただき、後に絵本化された作品です。(CD付。うた:岡本真夜)

学研教育出版

いつでも会える 大型版

こちらは、読み聞かせに最適な大型版です。
内容は「いつでも会える」の単行本と同じです。

学研教育出版

君はわらうかな

〝 ほんとうに すきって こと。  ーうさおー 〟
もしも背中に、翼があったなら。君は、どこへとんでゆく?

学研教育出版

僕のとなりには

〝 君 以外なら、たくさん いるのにね。ーカエル太郎ー 〟
君以外なら、たくさんいるのに。僕のとなりにはやっぱり…。

学研教育出版

あの空を

〝 たかく じょうずに 自由に とんでみたい。ーヒヨスケー 〟
いつかあの空を飛んでみたい!もっと高く、じょうずに!自由に!

学研教育出版

君のためにできるコト

〝 伝えることも、行動することも ヘタなんです。ーくまこー 〟
この想い伝えたい…。くちべたくまこちゃんの恋模様。

学研教育出版

いつでも会える

〝 ぼくには、だいすきで 大切な人 が いる。ーシロー 〟
それは突然のことだった。シロが悲しみをのりこえる。

  1999年度
  ボローニャ国際児童図書展ボローニャ児童賞・特別賞 受賞
  
「いつでも会える」はグラフィック的にも職人技術的にも質が高い
  本であり、死という非常にデリケートなテーマを、高い感受性で
  取り上げている。     (ボローニャ児童国際審査委員会 評)