1. home
  2. >
  3. memo
  4. >
  5. 夏休みに思うこと(その2)

夏休みに思うこと(その2)

August 20,2015

今ね。息子が
(『だっこしておんぶして』のあの子ね。もう中3)
夏休みに、プログラミングの学校の講習に
通ってるのね。アプリの開発とか、そういう方面が好きでね。



で、昨日のこと。
「今日はまだやり残しあるから、制作やらなくちゃ」
と、嬉々として講習から帰ってきて、
晩ご飯あとに、課題の制作に
没頭&奮闘しておりました。

ふむふむ。よしよし。がんばれ。



数時間後。

「……え!?…あああああっ!?」
と、突如息子の悲痛な声が!


なんと、それまでの制作の
データだか、コードだか、
なにか決定的な源のソースがきれいさっぱり
消えて、全課程が初期段階に
戻ってしまったんだそうです。

(あらー。お母さんね、よくありますけどね。
しかも仕事中にね。あるある。)

 

とりあえず、
本人が対処する様子を見守っていたところ、
かなりの喪失感と、心の乱れよう。
息子の周辺が 暗黒の闇に包まれている。


「セーブはどこまでしてた?バックアップは?」
「どこかに潜り込んでしまっただけじゃない?検索は?」
「源のソースは学校にあるんじゃない?」
「講師の先生にSNSで連絡とってごらん?」

…なんて、主人も、みるにみかねて声をかける。

「んなことは、全部もちろん試したし!」
「先生にも状況メールして、
呼びかけてるけど返信こないし!」

……あらら。、やれることは全部やったけど、
すでにお手上げ状態だという。

(……それはそれは。本当にお気の毒に…。そういう状態も
お母さんも、ごく稀にある。あるあるー。←なんて軽口はたたけませんでした)

 

まあ、息子にとっては、
かなり力を注ぎ込んだ過程が
あったのでしょうね。
相当な悲しみと怒りとやるせなさにまみれ、
最後にがっくりとうなだれて、ぽつりとこぼしました。





「結局、無になってしまうのなら、なにも創り出さないほうがいい」


息子よ。それは違う。
たくさん違う。


 

それは絶対に違うと、お母さんの経験から
異を唱えることは 容易いけれど。
それは お母さんの経験から 辿りついた答えだから。

いま、言わない。
この講習が終わったら、
もしくは、いつかの、その時に。


とるにたらないものでも、無から有をつくりだすことに
携わってきた 一人の ごく個人的な 意見として伝えるよ。


今朝、君は「行きたくない。どうせ行ったとこで無駄だ」と
言いながら、講習へ出かけて行った。

あと数時間後、君はどんな顔して帰ってくるだろう。

 


どんな結末でも。
この夏、たぶん君は
きっと何か大切なことを、またひとつ刻むのだろう。