1. home
  2. >
  3. memo
  4. >
  5. 今という場所

今という場所

August 31,2017

あっ、という間に夏が過ぎていく。
8月も終わりですね。

…て!8月どころか、前回更新から
振り返ればいつのまにか
5月も6月も7月も過ぎてるし!

さて…。自分の反省は横にそっと置いとこう。
だからって訳じゃないけど。
すこし、今回は長くかこう。

夏休み明けは、学校に行きたくないと
憂鬱な気分の子供たちがたくさんいると
聞きました。

ですよね。わかります。

例えば、学校が
自分の居場所がない場所、
不当に扱われる場所、
自分が自分でいられなくなる場所、
そういう場所だったとしたら
とっても苦痛です。

私の小さい頃も、日常的に
そういう時期もありましたから。
よく、わかりますとも。
そんな時期は、日曜の昼あたりから
憂鬱でした。朝は、毎日お腹が痛かった。

でもね、私はもう大人になって
学校に行くこともなくなりました。

長男も。小学生の時には
不登校になった時期もありました。
そんな彼ももう高校生です。

体調悪くて、学校休みなさいといっても、
試験あるし部活も…と、自ら進んで行く。
そして休み中でも会いたいと思える友が、彼のまわりを囲んでいる。

時は、確実にすぎて、状況は変化するんですね。

だいたい、いくら私が、もう一回セーラー服来て
学校に行きたいって言ったって、無理です。

そう、状況は必ず変化します。
人生先にコマを進めているわたしが
いま、新学期に不安を抱えている子になにか話せるなら。

今の状況は、永遠ではないよ。
学校の教室なんて、そんなちっぽけなさえない場所が
あなたの居場所のすべてじゃない。

嫌な先生も、意地悪な生徒も、
あなたの人生の登場人物に最後まで残さなくていいし。

かならず、この世界の
どこかにね、あなたがあなたらしく活きる場所がある。

そしてあなたを待っている、まだまだ出会っていない
人達がたくさんいるよ。

それをね、探しに行くのですよ。

 

それでも、今が、絶えられないないほど
嫌なら逃げてもいいし、
下を向いたままだっていいと思うよ。

でもね、種あかしすると、そういう訳だから、
逃げつつも、下を向いたままでもいいからさ、
これからの自分の未来には、希望をふつふつと
もっていようね。

 

って、言ってあげたいかな。
この歳になっても人見知りだから
面と向かって、子供の友だちにさえ
こんなに言えないけどね。

まあ、なんというか。
どんなに つらいことも、過ぎて行くの。
逆に嬉しくて楽しいこともだけどね。

それは、これまでの人生で確認済み。

でね、私の住んでいる地域では、
一昨日から小学校が始まって、
下の娘は今朝、学校に行きたくないといって、
泣いていました。行かないでもいいよといったら、
「でも行く」といって学校へ行きました。

まあ、色々あるよね。帰ってきたら
おいしい紅茶でもいれて、ねぎらいます。