1. home
  2. >
  3. memo
  4. >
  5. 妄想一人対話

妄想一人対話

February 27,2020

 

そうですねー…。ぼんやりと。

ずーっと幸せについて考えていて、
朝起きたら答えが自分の中にありました。

 

「人は、ただ息をして生きてるだけでは
幸せじゃないと思う。

自分を活かして 生きることができて
幸せなのだと思う。

もし行く先に迷ったなら。
そういう場所へ、場所へと。

向かう道を選んだらいいと思う。

その時々で自分に問うてみるだけ。
簡単でシンプルなこと」

 

って、私が私に書き置きの手紙のようなものを
心に残していたけれど。(妄想ね。妄想の中の話)

「でも、そう簡単なことじゃないんだってばよ」
って私が私に、速攻返事してた。

ほら、潜在的意識の中で、なかなか
抜け出せない壁ってあるじゃないですか。

自分を活かすためには、何かを犠牲にしなければ
いけないのではないか、とか。
ある意味、自分を封印してしまった方が
大切なものを守れるのではないか、とか。

こういう考え方のループがぐるぐるして
見えない壁を作る。心のクセっていうのかな。

「自分を活かすって、いろんな状況あるじゃない。
一人で生きてないもの。状況によってはそういうの
自分勝手っていうんじゃないんですか」て。

 

そしたらさ、手紙じゃなくて
ダイレクトに返事きた(妄想ね。妄想…しつこい)

 

自分を活かして生きるということは
傲慢なことじゃない。

自分の道を歩くのは自分だけ。
行く先も目的地も違う。
そもそも一人一人そのために
この世界にきたんだから。

そして自分を活かせて生きていれば
必ず人の役に立てる時がくる。

それは人を活かすサポートが
できるようになるということ。

活かして活かされて生きていける。

一方、自分を活かすことをせず生きていたら
必ず後悔する時がくるだけ。

確かに、自分を活かすことと、自分勝手な行動を
履き違える、アホな輩はいる。

そういう輩は道が行き止まる。
おいそれと先へは歩いてはいけないのだ。
心配するでない。間違っていれば、天が采配を振る。

だいたいな、自分を活かさず、生きるコト
それこそ傲慢なのじゃ。と。怒られた、

そんな、気がした(そう、気がしただけです。)

……まあ、そういうことなんだなと。
アホなことしたら、天が采配を振ってくれるんだな。

 

珈琲をコポコポとゆっくり入れながら
一人妄想対話(たまにしてる。…ひかないで!?)
を、ぼーっとしていた朝でした。